問い合わせメニュー


フリーダイヤル0120-70-5010(受付時間9-18時)

ホーム > 省エネ機器のエコライフの豆知識

省エネ機器のエコライフの豆知識

今日はぐっと冷え込み寒いくらいの陽気でしたね♪

ここ数日で一日での気温の差、各地での気温の差があって着るものに困ってしまいますね♪

快適省エネライフ推進部のユーテックです♪

省エネ機器でのエコライフの豆知識です!

電気やガス料金などの光熱費が節約できる給湯システムが登場しています。ただし、導入に際しては、リフォームが必要な場合もあるため、業者などに相談して検討しましょう。
 
◆電気給湯は、空気の圧縮熱を利用
 消費電力を抑えられる給湯器(エコキュート)が登場しています。空気の圧縮熱を利用することで、消費電力の3倍以上の熱エネルギーが得られる効率のよいしくみです。電気料金が安い夜間電力を上手に使うことで、4人家族でガス料金、電気科金などを月5000円程度安く済ませている家庭もあります。ただし、お湯を貯めるタンクを設置する、冷蔵庫1個分のスペースが必要です。工事費などを除いた機器自体の価格は、70万円程度が目安です。
 このシステムを導入し「オール電化」したマンションも増えています。「家庭からの二酸化炭素の排出が減る」との環境への配慮が受け入れられているようです。
 
◆ガス給湯では、熱を再利用
 ガス給湯システムの1つに、熱効率を高めた高効率給湯器(エコジョーズ)があります。ガスを燃焼して水を温め、その余熱を再利用して、これまで80%だった熱効率を95%まで高めたシステムです。給湯だけなら年間で7200円、暖房にも使えば1万円程度節約できるとのことです。給湯能力にもよりますが、給湯器自体は40万円台が中心です。
 すでにガス給湯器を使っているなら、取り換えるだけで導入できる場合もあります。

ノーリツ NORITZリンナイ RinnaiPanasonic三菱電機

ページの先頭へページの先頭へ

給湯器交換専門店 株式会社ユーテック
フリーダイヤル:0120-70-5010
E-mail:info@u-tech.tv URL:https://kyuto-gunma.com/

Copyright © 【給湯器交換 群馬】給湯器交換専門店 株式会社ユーテック All Rights Reserved.

フリーダイヤル無料見積